ヤマピカリャーってなんなん

yamapika.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 05日

人生ってのはそんなもん

「努力しても報われないことだってあるんです」

なんてことを必死に訴えかける人がいるけども、ホリエモンみたいに努力が報われる
方が珍しく、努力の80%ぐらい(僕の勝手な推測やけど)は報われへんもんで、
そんな当たり前のことを声高に叫ぶこと自体がそもそもおかしい。

努力すればみんなが夢や希望を叶えることができる社会を作ろうじゃないか。
なんてことは、他人のそれを犠牲にしないと実現できない夢が存在する以上、無理。

じゃぁ、努力なんぞするべきでないんかってことになるけど、べき論で努力を語るのが
大きな間違いで、僕みたいな金も才能も運もない凡人が努力なしで成功することは
ないんやから、可能性が高かろうが低かろうが、やらなしゃーない。

努力は誰にでもできることやけど、努力には成果に繋がるものとそうでないものがある。
英語を勉強するためにフランスに行くような、そこまでの間抜けはおらんやろうけども、
それに近いようなことをやってる人は世の中にたくさんおる。
で、そういう人に限って、「一生懸命やってるのに」なんて戯言を口にする。

世の中には1の努力で100のもんを手にできる奴と、100の努力で1のもんしか手に
できへん奴がおって、成果に繋がる効率のよい努力ができるという才能の有無と、
それを磨く環境にあるかどうかが、その差を生み出してて、さらにそれがやる気の差
ってもんを生み出している。

とは言うものの愚痴ってみてもどうにもならんわけで、結果はもちろん機会も平等で
ないのが世の中ってもんで、格差があろうが希望がなかろうが、やるしかないってのが
人生ってもんで、それはあきらめかもしれんけども、お前が変わらなワシも変わらんって
言うてるよりも、例え今は問題があっても、そういうもんやと開き直って、しゃーないけど
やったるかって生きた方が、世の中も変わるような気がする。

って頭ではわかってるんやけど、なかなか実行に移せんわけですよ。
[PR]

by yama_pika | 2005-04-05 12:08 | ぐち


<< 論理と感情は対立する概念か      他力本願で無責任なネット >>