カテゴリ:ねっと( 6 )


2005年 05月 24日

叩く人たち、叩かれる人

ブログの終わりじゃなくて、アルファブロ…

アルファブロガーってのをアクセス数の多いブログって読み替えた方がしっくりくる。
生扉に就職が決まったらしい某女子大生にも当てはまることやろうし。

僕はブログをツールとして捉えてるんで、それをどう利用しようと個人の勝手やと思うん
やけど、それを繋がりそのものとして捉えている人たちからすれば、やっぱり裏切られた
感はあるんやろうか?

面白くなくなったらBMから削除すればいいだけの話で、別に金を払ったわけでもなくて、
提供したと言えば僅かの時間と労力ぐらいなものやのに、利用されたって騒ぎ立てるのは、ちょっとかっこ悪い。それなりに読ませる文章を書いてるとこは別やけども。

妻子持ちの男は遊びで、女は本気やって、それでゴチャゴチャしてるような、男も男やけど、
女も気づけよ、子供ちゃうんやから、そんな感じ。

けど実際のところ、利用されたとか裏切られたとか、そういうことで叩いている人って、
そんなに多くないと僕は思ってるんやけど、どうやろう。
むしろリアルの世界の方がそういうことは多いわけで、でも何かと面倒やからだんまりに
なって、ストレスがたまる。そういう憂さ晴らしの標的にされているだけのような気もする。

まぁ、スキがあるから悪いってなるんかな、今の流れでいくと。
でもどうせやったら、叩いてるもん同士で、叩き合ってくれると面白いんやけど。
それぞれに叩く理由があるわけで、「いやいや、その叩き方は違うやろう」ってな感じで。
あっちかこっちかってのはなんか面白くないし、もっとゴチャゴチャした方が、ネットらしくて
いいと思うんよね、僕としては。
[PR]

by yama_pika | 2005-05-24 23:44 | ねっと
2005年 05月 24日

ネットをしてると、たまにへこむのです

ネットの一番の功績は質の高いものに出会う機会を増やしたことにあると思う。
SBMやRSSはその力をさらに強めることに役立っている。

質の高い文章を読むことは思考力を鍛えるのにとても役に立つ。
ただ同時に、軽くへこんでしまうことも多々ある。
この人文章上手いなとか、考え方が深いなぁとか、自分のそれとの落差に
へこんでしまう。それが年下ならなおさら。

僕がこの子ぐらいの歳の時は、こんなこと考えもせんかったのにすごいなぁ、
ってな感じで。もちろん僕が中高生のころも、そういう奴は日本のどこかにいて、
ただそういう奴と出会う機会が無かっただけのことなんやけど。

まぁ、こういうネガティブ思考が僕がNEETやってる一つの要因なんやろうな。
[PR]

by yama_pika | 2005-05-24 00:19 | ねっと
2005年 04月 16日

乙部綾子のお仕事日記ってどうなん?

ライブドアの広報さんがブログをはじめた模様。

乙部綾子さんのブログ と 広告効果 | ∞最前線通信

広告主が、「ウチの商品は、いいですよ!」とPRするのに比べて、
乙部綾子さんのようにカッコいい方が「私が使ってみましたが、
すごくいいですよ」と書かれたほうが、商品の魅力は高まると思います。

なぜかというと、それを読んでいる方が自分がその商品を利用している
かっこいい姿(体験 ~エクスペリエンス)を想像しやすいからです。

 また、メジャーなタレントがテレビで商品を使ってる姿よりも、乙部さんが
ブログで商品を使っている姿のほうがユーザーにとって身近に感じ、
より自分の体験を想像しやすいとも言えるでしょう。


なんの利害関係のない第三者が「これいいですよ」って言うんならわかるんやけど、
当然ライブドアには広告収入が入るわけやから、実質、広告主が宣伝しているのと
何が違うんかがよーわからん。

彼女も女性読者を増やしたいって言うてるけども、そもそも根本的な問題として、
乙部さんって女性に好かれてんの?

そういえば、ananの嫌いな男ランキングで堀江さんが確か8位に入ってた。
嫌いな男の身近にいる女って、女性から見てどうなんやろう?

いっそのことターゲットを男性に絞って、写真集やらDVDやらを売り出した方が
よっぽど儲かると思う下世話な人間は僕だけでしょうか?
[PR]

by yama_pika | 2005-04-16 15:44 | ねっと
2005年 03月 31日

他力本願で無責任なネット

ネットは匿名であるが故に、玉よりも石のほうが遥かに多い。
それが既存メディアが批判するところなんやろうけど、そう悪いことだけやない。

アイデアは素晴らしいんやけど、いまいちそれを煮詰め切れないことがあって、
顔が割れていると当然そういうものは表に出しにくい。
そういう中で、もう一息ってものが潰れていくのは、なんかもったいない気がする。

でも、無責任やとそういうのも表に出せるわけで、赤の他人がよってたかってそれを
煮詰めて、ダイヤモンドにしてくれるかもしれない。
あるいは全くの的外れで価値のないアイデアが、優秀な人間のスイッチを押すかもしれん。

なんとも他力本願で無責任なことやけども、だからこそ、何かが生まれる可能性がある。

ピストルなんぞ持ってくるのは論外なんやけど、例えば野菜の皮でも一流の料理人の
手にかかれば、十分美味しくなるんやないやろうか。

ただ、今のネットの中でそういうことができてるかというと、それは疑問で、そこを何とか
していくことが、今後のネットにおける課題のような気がする。
[PR]

by yama_pika | 2005-03-31 03:17 | ねっと
2005年 03月 03日

わかるとことわからんとこ

ネットには様々な文章が氾濫している。

100%自分の頭で噛み砕ける文章は問題あらへん。
何が正しくて何が間違ってるかを自分で判断し、頭にしまい込める。

100%自分の頭で噛み砕けない文章も問題あらへん。
〇〇らしいけど、よーわからんなの一言で頭にしまい込める。

半分ぐらいは噛み砕けるって文章が一番やっかいや。

例えば人を理解するのは簡単なことやない。けど特別興味のある相手や
ない限り、そいつについて考えることは面倒くさいことで、さっさとラベルを
貼って、こういう奴やと思い込む。で、それは人以外でも同じこと。

日本の8月は暑い。だから8月は世界中が暑い。とは誰も考えへん。
でもそれはロシアのように1年中寒い国があることを知っているからわかるわけで、
日本以外の国のことを全く知らなければ、そう考えても不思議はない。

Aが正しいとBも正しいと思い込むことは多々ある。少なくとも僕の場合。
そしてもちろんAよりもBの方が重要なのは言うまでもない

わかるところとわからへんところをごっちゃにして、わかったような気になってしまう。
生兵法は怪我の元とはまさにこのこと。
[PR]

by yama_pika | 2005-03-03 20:02 | ねっと
2005年 03月 01日

ブログで金儲けはむずかしい

あのルックスで彼氏ができへんって言うてる時点でどう考えてもネタやって。
当然、ブログを通じて人を集めることが目的であって、その延長腺上には
書籍化等の金儲けが視界に入ってたことは明白やろう。
それを間に受けてた読者は、デート商法に騙されへんよう気をつけるべし。

で、さきっちょ&はあちゅうは読者を利用して、ここまで大きくなったんやから、
彼らの反感を買わへんように上手くやらなあかんかったと思う。
「嫌なら見るな」ってのは外野はともかくとして、本人が言うのはどうかと。
そういうことは思ってても口に出さないのが大人のマナーであります。

っていうかあのブログの面白さが僕には全く理解できへんのやけど、誰か
親切な人がいたら、教えてくれませんか?
いっそのこと写真集にした方が売れるような気がするんやけど。

最近ブログの書籍が話題になってるけど、金出して買うほどおもろいかな。
どうせ本にするなら、こことかここの方が売れそうな気がするけど。
ただそうなったらそうなったで、クレームようさん来そうやけどな。
[PR]

by yama_pika | 2005-03-01 14:51 | ねっと