2005年 05月 09日

JR擁護派にひとこと言ってみる

なんつーか、ブログ界ではJR非難派とJR擁護派にわかれて、議論っぽいことを
しているようやけども、ちょっと気になるのが、JR擁護派は実はアンチマスコミ派
じゃないかってこと。

JRに責任がないから擁護しているってよりも、記者の偉そうな態度だとか、宴会
だとかボーリングだとか、単に空気読めないバカがいるってだけのことを、大げさに
放送する間抜けさだとか、そういうマスゴミがむかつくんで、敵の敵は味方だってな
感じで、JRを擁護している人がけっこういるんじゃないかと思っている。

国民がスピード、安さを求めた結果、このような事故が起きたわけやから、国民に
責任があるって意見。確かに国民がそういうもんを求めてたことは事実やろう、
ただ、じゃ客が無料にしてくれって言うたらするんかって話で、結局はJR西日本が
儲けたいからそうしただけのことで、しかも最終的にどうするかはJR西日本が決める
ことやし、大本の責任はJR西日本にあるのは間違いない。

だいたい国民に責任があるって言うんやったら、なんで被害者とその家族のために
寄付をしようって声が出てこんのやろう?国民に責任があるなら、当然被害者に対する
賠償金を払う義務があるわけで、てめえが悪いと思ってるんやったら、ブログでそういう
呼びかけをしたらええんちゃうの?

それとどこか忘れたけど、トヨタの造った車で何十万人もの人が死んでるんやから、
JR西日本よりもトヨタを糾弾すべきやって書いてたブログがあったけど、車自体に欠陥が
あったんやったらともかく、そうじゃないんやったら事故を起こしたのは車を運転してた奴の
責任やろう、どう考えても。

トヨタは車を造る企業であって、車の安全性にのみ責任を持てばいいわけで、その一方
JRは車両を造る企業であると同時に、運行させる会社でもあるわけやから、その両方の
安全性に責任を持つ必要があるわけ。だから自動車事故と列車事故を同列に語るのは
意味が無い。

それから、数分遅れただけでキレル馬鹿がおる、だからこんな事故が起きるって言うけど、
確かにそういう馬鹿はおるけど、それはごく少数やろう。だいたいクレームをつけられへん
企業がこの世のどこに存在するって言うねん。仮に医者が世間に避難されるのを恐れて
医療ミスを隠蔽したとしても、怒られるんは嫌やもんな、しゃーないわ、なんて言うつもり
ですか?

ただね、こーいうのはいかんね、まったく。
あーいうのは単に憂さ晴らしがしたいだけで、被害者のこととか、どうすれば事故を防止
できるとかは、どうでもいーんやから。
[PR]

# by yama_pika | 2005-05-09 10:17 | よのなか
2005年 05月 07日

競争を否定されることに対する違和感

内田氏の希望格差社会というエントリーに対する荒井氏の反論に対するちょっとした疑問。

まず、snusmumrik氏が荒井氏の反論に対して以下の疑問を投げかけている。

対して、荒井さんも結論部分では「競争社会=システム」に対して戦う、という宣言をしていらっしゃる。その結果、自分も「競争を降りる=強者たり得ない」だろうとしている。山田氏や内田氏と言っていることは同じように思うのだが、何が違っているのだろう。


これに対する荒井氏の反論は
例えば好きな女がいて、なんらかの理由でその女を諦めなければならないという状態と、他に気になる女ができたために今まで好きだった女に無関心になってしまう状態、との間と同じぐらいの差があると思う。


さらに荒井氏はこのように述べている。
私が考える前向きな提言とは、このように危険ではあるが、誰にも「諦めろ」などとは言わない前向きな、そしてそのあり方がそのまま「競争」のシステムに疑問符を突きつけるような一つの生き方を示すことなのである。

これらの意見を聞いてもやっぱり内田氏と荒井氏の意見の違いがわからへん。

僕は競争というシステムには弊害があると思うし、そこから降りる生き方もありやと思う。
ただ競争を全面否定して、それに乗らない生き方の素晴らしさを力説してる荒井氏を
見ると、遠まわしに「諦めろ」と言うてるように思えるんやけど、違うんやろうか?

競争から降りた人たちをバカ呼ばわり(荒井氏曰く)し、それを残すことを前提としている
内田氏と、競争にしがみついている人を滑稽と言い、それを排除することを前提としている
荒井氏と、どちらにも外部の異質なものに対する親和性は感じられへん。

競争というシステムを全面否定することは、人は一旦そこに組み込まれたら、健全な
競争などできるわけがなく、どんなに汚い手を使ってでも勝利を得ようとする、そういう
本質を持った生き物やと認めることになる。

そして僕にはその考えを否定することはできへん。
さらにその本質が教育ではどうしようもないもので、それが無視できないほど社会を
歪めているとしたら、やっぱり競争というシステムを排除するしかないようにも思える。

と、散々偉そうなこと言うたけど、引きこもりの僕がそれを言うのもなんか妙な感じがする。
僕は人と争うことは苦手で、競争して一番になろうと思わへんし、なれるとも思ってない。
でも、もしそれなりの能力と根性があったら、そういう生き方をしてみたいという気もする。
そしてそれが競争を否定されることに対する違和感を生じさせているのかもしれへん。

おまけにそれは荒井氏の嫌いな「後ろ向き」なもので、内田氏と同じように、荒井氏を
苛立たせてしまう気がして、トラックバックをするかどうか非常に悩んだわけやけども、
せっかく書いたわけやし、取り合えずトラックバックしてみることにする。
[PR]

# by yama_pika | 2005-05-07 16:11 | よのなか
2005年 05月 02日

企業努力

ダイヤ至上主義、コスト至上主義が列車事故を引き起こしたという
マスコミの論調に対して、異議を唱えてる人がいる。

確かにダイヤを守ることは鉄道会社としては当然のことやし、乗客もそれを望んでる。
問題なんは、一つのミスで全てがガタガタになってしまうような超過密なダイヤを
組んだことやと僕は思う。もちろんそれに疑問を持たなかった国民にも責任はある。

それと、スピードアップや車体の軽量化でコストカットすることは企業努力やから、
それをもってJRWを責めることは間違ってるって言う人もいるようやけど、
それやったら、安価やけど安全性の低い原材料を使って価格を下げることも
企業努力ってことになるんちゃうの?
それで病気になったら、それは企業の責任やろう?

そういう消費者を危険に晒すものが企業努力やとは僕は思わへん。
努力やから仕方ないってのはどう考えても間違ってる。
[PR]

# by yama_pika | 2005-05-02 00:43 | よのなか
2005年 04月 29日

一利用者としてJRWに言いたいこと

[R30]: JR事故が経営者の責任じゃないならいったい誰の責任だというのか

R30さんがPJニュースの責任は国民にあるって記事に対して、何でもかんでも国民の
せいにすんなよ、コラ、とのこと。

ま、確かに国民が安さ、速さ、正確さを求めてたのは事実やろうけど、そういうもんには
限界があるわけで、もっと別のとこで勝負、ATMを設置するとかマイレージ導入するとか、
僕のつたない頭ではそんなことぐらいしか思いつかへんけども、JR西日本の経営陣の
みなさんは、優秀な頭脳をきっとお持ちのことでしょうから、もっと頭使え。

そもそも何でもかんでも客のニーズに応えようとするのが間違ってて、どうやっても
無理なことはあるわけで、それを伝えた上で、ニーズの先にあるものを提供するのが
企業の役目やと、無職の僕は思うのですが、違いますか?

それからPJニュースがクレームに追い詰められた会社とJRWを称してたんやけど、
確かに数分遅れただけで文句いうバカがおるのは事実やけども、クレームが怖くて
客を危険に晒すのはバカを通り越して、頭のネジが2,3本抜けてるとしか思えん。

で、R30さんが南谷会長はJR西日本会長と関経連副会長の座を降りろって件に関して、
辞めることが責任を取ることになるのかって、反論してる人がおる。

その反論には僕も同感なんやけど、置き石説で自社の責任を回避しようとしたJRWの
現経営陣に、事故の原因究明、今後の事故防止のためのシステムの改善ができると
考えている人がおったら、是非とも手を上げて欲しい。

どの道責任なんぞ取る気ないんやから、とっとと解任して、今の体制を問題視している
優秀な内部の人間(おらんかったらどうしよう)を頭に据えて一からやり直してくれた方が、
一利用者としては望ましいと思うんですが、どないでしょう?
[PR]

# by yama_pika | 2005-04-29 06:55 | よのなか
2005年 04月 27日

メディアを自由にさせてええの?

日本テレビのザ・ワイドで、先日のJR福知山線列車事故で亡くなられた方の
お通夜の映像が流れてたんやけど、意味わからん。

友人を亡くして泣いてる女子大生にマイクを向けてたけど、意味わからん。

どういう意図であーいう映像を流してるんかが、僕にはわからん。

この人たちはかわいそうな人たちなんです、って訴えたいんやろうか?
その人たちはそういう風に思って欲しいんやろうか?
その人たちはテレビに出て、悲しさ、悔しさを訴えたいんやろうか?

なんで静かに泣かせてあげるってことができんのやろうか?

メディア規制に反対とか言うてる人おるけど、メディアを自由にさせてええの?
メディアに自制心なんぞないと思ってるんは、僕だけやろうか?
[PR]

# by yama_pika | 2005-04-27 14:51 | めでぃあ
2005年 04月 26日

事故の被害者や家族に配慮して

NHKなど、鉄道関連番組の放送延期

NHKと毎日放送が、JR福知山線脱線事故の被害者と家族に配慮して、
鉄道関連番組の放送の延期を決めたらしい。

交通事故でなくなった人を配慮して、車関連の番組を延期したなんて話は
聞いたことがない。
虐待を受けた人に配慮して、ドラマからそのようなシーンをカットしたなんて
話は聞いたことがない。
ヤミ金に苦しめられている人を配慮して、ミナミの帝王の放送を取りやめた
なんて話は聞いたことはない。

なんでこういう時だけそんな風に気を使うのかがわからへん。
しかも単なる鉄道番組で、事故のシーンがあるわけでもないやろうに。
朝から晩まで事故の映像を流される方が、よっぽど被害者には堪えるはずや。

事故直後の被害者の何人かが、マスコミからインタビューを受けてた。
落ち着いてインタビューに答えてた人もおったけど、中にはパニック状態で、
言葉が上手く出てこない人もおった。
僕には彼が、レポーターに「何か話してくださいよ」という無言の圧力をかけられて
苦しんでいるように思えた。

新潟中越地震の時も、友人を亡くした小学生の女の子にマイクを向けてたバカが
おったけど、マスコミにはそういう配慮は微塵も無いらしい。
[PR]

# by yama_pika | 2005-04-26 05:16 | めでぃあ
2005年 04月 25日

競争ってどうなんやろう

競争が社会を駄目にした。
そういう考え方がある。

僕は競争そのものよりも、競争に対する心構えが原因やと思っている。
どんな手段を使ってでも勝てばいいとか、敗者はクズだとか、そういう思想や
それに基づく行動が、社会を冷たくつまらないものにしたと思っている。

だから競争が悪いっていうのは、赤ちゃんは何でも口に入れたがるものやから、
赤ちゃんの周りに小さいものを置いたらあかんっていうのと同じで、人間ってのは
利己的な差別主義者やから、競争なんてさせたらあかんって言うてることに
ならへんやろうか?

ただだからと言って、競争に賛成できるもんでもない。
たとえ競争そのものが悪くないとしても、それが人間の負の部分を促進させると
したら、やっぱり競争はよくないってことにならへんやろうか?

もちろん競争にもいい面はあるんやろうけど、ほんまにプラスの方が多いんやろうか?
ごく一部の人間が競争のプラス面の恩恵を受けていて、マイナス面は残りの大多数の
人間が背負ってるんとちゃうやろうか?
そうまでせなあかんほど、競争で得られるもんは大きなものなんやろうか?

正々堂々やれば問題ないって思うんやけど、そもそも人間ってのは正々堂々とした
生き物なんやろうか?
汚い手を使って勝っても嬉しくないっていう人は、ほんまはごくわずかしかおらへんのと
ちゃうんやろうか?

どんな手を使ってでもだとか、差別するっていうのは、先天的なものなんやろうか?
それとも後天的なものなんやろうか?
もし人間はどうやっても利己的な差者別主義者としてしか存在し得ないとして、それが
大多数に痛みを負わせるとしても、競争はするべきなんやろうか?
[PR]

# by yama_pika | 2005-04-25 06:24 | ぎもん
2005年 04月 22日

アウトプットこそ厳しく判断

内田樹の研究室:メディア・リテラシーについて

インプットされた情報に対する判断よりも、アウトプットする情報に対する判断の方が
重要ではないかとのこと。

「お前のため」ってのはたいていの場合、「自分のため」で、いざとなったら「お前のせい」
になる、とっても都合のいい言葉ってことに気づいてない人は多いね。

何を言うかよりも、誰が言うかが大事やと、山田ズーニーさんは言うてたけど、
その誰かはたぶんアウトプットに対するメディアリテラシーが高い人なんやろう。

要するに自分の言動に責任を持てってことなんやろうけど、マス・メディアに関わらず、
それができてない大人は多い。子供に偉そうなこと言うてるわりには。
[PR]

# by yama_pika | 2005-04-22 05:02 | めでぃあ
2005年 04月 21日

困ったときの「レイシスト」コール

朝日新聞のワールドくりっくというコラムに以下の文章が掲載されていた。

アフリカの多くの国で、統治の光景は寒々しい。
ワイロばかり要求する役人、汚職付けの政治家。
治安は乱れ、経済は停滞する。
その中で大衆は、植民地時代と変わらぬ貧しさを強いられている。
大衆と接しているNGOや国連関係者は将来を懸念する。
思い余って失政や腐敗を指摘することがある。
そんなとき返ってくるのが「レイシスト!」コールだ。
外国人は黙ってしまう。
批判を封じる最高の文句なのである。


「レイシスト」とは「差別主義者」のこと。
要する事実を指摘しているにもかかわらず、それが自分にとって都合の悪い
ことの場合、それを差別やと言うて、問題を摩り替えてるわけや。

こういうことは珍しいことやない。
日本人特有のものかどうかはわからんけど、弱者に対して批判をすると、なんちゅう
酷いことをするんや、って非難されることが少なくない。

強者が絶対正しいっていうのは間違ってるけど、でも、弱者が全てにおいて正しい
というのも間違ってる。

理不尽な差別を受け続けていたら、ちょっとでも批判的なことを言われると、
その人を敵と見なしてしまうのも無理のないことなんかもしれへん。
でも問題点を指摘することと、差別は違うってことを、忘れたらあかん。
[PR]

# by yama_pika | 2005-04-21 04:59 | よのなか
2005年 04月 19日

他所様のカレーを勝手に食べる人

ニートでひきこもりの僕には全く無縁の話なんやけども浮気について
少しばかり考えてみる。

「どうして男の人は浮気するの?」
こういう男女差別発言をする女性の気が知れん。
女の人やって浮気するのに、なんでこういうセリフが出てくるんかがわからん。
戯言を言うてる暇あったら、不倫を婚外恋愛などと言ってる馬鹿を何とかしてほしい。

これは僕の主観なんで正しいかはわからんけど、男よりも女の方が嘘が上手く、
勘もいい。だから、ばれる数は男の方が多いけれど、実際やってる数は男女で
そんなに差はない、いや下手をしたら女性の方が多いかもしれん。

だいたい浮気ってのは1人でできるもんやない。
もちろん浮気する奴が一番悪いと思うけど、浮気相手にやって責任はある。
女性は男性に「男の人はどうして浮気するの?」などと尋ねる前に、そういう女に
「どうして彼女がいる男の人とセックスするの?」と聞かなあかん。

浮気をすることを、カレーが好きでも毎日は飽きる、だから今日はラーメンを食べる、
とするなら、浮気相手になることは、他所様のカレーを勝手に食べるということや。

他所様のカレーを勝手に食べる人がおらんくなったら、浮気は減るに違いない。
[PR]

# by yama_pika | 2005-04-19 23:40 | ひと